設 立 趣 旨


 樹生建築研究所は、自然の仕組みに適って調和のとれた方向へ役割のできる建築とは何かを
 実行なさると決心し実践なさっている企業・個人の方々とともに、現実社会の中で地球の一
 員として本来の役割を追窮し、実践していくための情報の提供とお手伝いをさせていただく
 ことを目的に設立されました。
 建築物、生活用品その他全てのものは本来調和のとれた方向へ生み出されるものですが、残
 念ながら現在までの数千年の歴史をみても、ほとんどのものはむしろ膨大なエネルギーを投
 入して人間の自我と欲の方向へ生み出されてきました。
 そして今尚ますます地球環境を低下させる一方です。
 建築物・生活品等の振動波が環境に与える影響をこの文化では全く理解されていません。
 形態・色彩・素材そして作り出す人間の意識等すべての振動波(調和度)の重要性は全く意
 識されていません。
 人間を含め生物・植物・鉱物、全てのものはお互いに常に交流しあって成長していくことが
 本来の自然の法則に適った方向であるようです。
 その中でも人間は他の存在物に比べてとても影響力が大きな存在です。
 地球全体の環境を大きく方向づけるまで拡大しています。
 一人一人の人間が本来の方向へ気づき実践することによって、調和のとれた自然の仕組みに
 適った環境を取り戻すことが今とても重要です。
 建築物・生活用品、その他あらゆるものを本来の姿(甦生化装置)で生まれるようお手伝い
 する、という人間の本来の役割を担うことに気づき、決心し、実践することです。
 地球環境、生活環境の調和を促す、甦生化装置(FALF)としての建築物、甦生化装置(FA
 LF)としての生活用品等を生みだすための「真の設計・真のデザイン」とは何か、「真の創
 造とは何かを「波動の法則」に基づいて当建築研究所は長年追窮、研究し実践してまいりま
 した。
 その結果得られました情報・成果を、少しでもお役にたてていただければと活動いたしてお
 ります。




業務内容  連絡先  トップへ戻る